つぼちゃんブログ

板塀と砂場のあるお庭

投稿日:2016-10-20

豊岡市内 新築のお家のお庭の作成です

▼山の近くのお家で前の道に傾斜があり、その上が畑になっているため

畑からの土の流出を防ぐために敷地の境界側にコンクリートブロックで土留めの処理

そして整地をおこない、敷地内にリブブロックとレンガを積み、高さを変えた区画を作りました

img_2608

 

 

▼リビングからの出入りをしやすくするため沓脱ぎ場所にレンガを積みました

img_2607

 

 

▼道側からの作成経過です

高い方の区画は真砂土を入れ、花壇などとして使えるように

img_2609

 

 

▼このままだとリビングが外から丸見えになってしまうので

カーブを描く木の板塀を立てパーソナルスペースを確保します

そのための木の柱を立てている状況です

木の柱が腐りにくくするための処理ももちろんおこなっております

写真右側のカーポートの下のコンクリートの打設も行いました

img_2612

 

 

▼区画を分けた下の部分は砂利を敷きます

雑草が生えるのを抑えるため砂利を敷く前に防草シートを敷きます

 

 

※この防草シートという物はホームセンターなどでも売っております

土との間にこれを挟むことでかなり雑草が生えにくくなります

水は通しますのでその土地自身の水はけが悪くない限り

水がはけないということは基本おこりません

ただ雑草というモノは種さえは落ちてしまえば土と触れてなくても生えてきます

長期間そのまま放っておくと雑草が成長し防草シートの縫い目の隙間を根っこが潜っていき下の土まで根を張ってしまいます

そんな雑草を思い切り抜こうとすると防草シートごと持ち上げてめちゃくちゃなことになってしまうときがありますので注意してください

もし敷くことを検討されている方がおられましたら

 

防草シートは雑草生えにくいけど生えたときはすぐに抜くことを覚えて実施してください

 

忙しくて草むしりができなくて大きくなってしまった場合は

除草剤を撒いて雑草を枯らしてからゆっくり抜く

抜けなかったら根元で切るなどをお勧めします

img_2614

 

 

▼砂利敷き完了です

img_2615

 

 

▼真ん中にある四角い仕切りの中には砂を入れ、砂場に

小さいお子様のいるお家です

お子様が大きくなって砂場が必要なくなった時のために簡単な工具で仕切り部分を取り外しできるようにもなっています

img_2616

 

 

▼奥の方に見える植栽

シマトネリコを植えました

シンボルツリーとして人気のある樹のひとつです

株立ちですがけっこう大きくなるので成長を目で見て楽しめる樹です

梅雨頃に白い花を咲かせます

img_2617

 

 

▼沓脱ぎにレンガを積んだ中はスタンプコンクリート

岩肌柄のスタンプをしました

img_2618

 

 

▼あとは板塀を張り完了です

夏場などは沓脱ぎの場所やレンガを積んだ場所、砂場の仕切りをベンチがわりにバーベキュー

板塀を張ることで外の目を気にせず楽しめるのではないでしょうか

img_2619

 

 

昨日より庭舎坪以は京都府の与謝野町で玄関アプローチの作成に取り掛かっています


カテゴリー:お庭

アンティークレンガとスタンプコンクリートのアプローチ作成中

投稿日:2016-10-06

今日は太平洋側では台風一過の夏日のようでしたが

但馬地方は少しぐずついた天気で仕事するのにちょうどいい

けれども天気崩れないか心配

そんな天気でした

 

先日より入りました豊岡市内の新築の住宅のアプローチ

レンガを2列並べ、その中を本日スタンプコンクリートしました

 

今回は作成中の過程をアップします

 

まず1枚目の写真はコンクリート打設完了し、その後色粉をまいた状況です

写真ではわかりませんがワイヤーメッシュをコンクリートの中に入れております

ですので普通車が乗る程度なら強度的に問題ありません

img_2581

 

2枚目は着色した油をまき、スタンプし始めた様子です

人が乗れる程度に固さ、且つスタンプの模様がつくくらいの柔らかさ

そのタイミングでスタンプを始めなければうまくいきません

img_2585

 

3枚目はスタンプ中盤の様子

写真奥がスタンプ後、写真手前がスタンプ前

写真中央の緑と黄色の四角い物が型になります

この四角い型を上から叩いてコンクリートに模様をつけていきます

img_2586

 

この後さらに着色された油をまきます

後日不必要な油を落としたりさらに着色をしたりして

よりリアルな質感になるように手を加えていきます

 

今回は庭舎坪以で初めて使用する型だったのですが、なかなか良い仕上がりになりそうです

 

多分USJのハリーポッターのエリアで使われているものと同じ型?かな

USJには6,7年前に行ったきりで実物見てないのでよくわかりません笑

 

色粉や着色油がUSJのそれとは異なっているのかもしれないですが

色味や広さを変えるだけでもかなり雰囲気は変わってきますね

 

明日このアプローチの左右の土間をコンクリート打設し、洗い出しする予定です

その後、ほぼ見切れておりますが写真右奥にアンティークレンガでミニ花壇を作っておりますので

そちらに低木含む植栽、そして家の裏手側に芝生を張る予定です

 

完成してからブログ更新するか、それまでにまたブログ更新するかはわかりませんが

またお暇な時にでも当ブログを覗きにきてください


カテゴリー:お庭

【ほぼ完成】レンガの門柱のあるアプローチ

投稿日:2016-10-05

こんばんは

先日更新したブログの続きです

 

スタンプコンクリートも打設が終わりました

ただ雨が続き、スタンプコンクリートの最後の一手間が完了できず晴天を待っている状況です

現状と今回の図面の一部を掲載します

 

表札、ポスト、そのほか小物などは

施主様が直接持ち込んでいただき、それをこちらが取り付ける他に

カタログをこちらからお渡しし、選んでいただき取り付けることも可能です

img_2573

img_2575

img_2576

 

門柱に関しましては今回ふた通りの案を出させていただきました

 

もちろん着工前の打ち合わせの段階で予算やデザインなどのお話をさせていただいております

img_2529

img_2533

 

 

スタンプコンクリートの施工状況です

img_2561

コンクリートが固まる前に模様をスタンプしていきます

材料がコンクリートですので同じように石を並べたりするより

はるかに安価でアプローチを仕上げることができます

スタンプの模様の数種類扱っておりますが

それら全て本物の並べた石、枕木などから型が取ってあります

 

ですので、かなりリアルな質感になります

そして住宅の玄関先など個人相手に取り扱っている業者さんが少なく、見る機会自体少ないこともあり

実際道ゆく人に本物の石、枕木と間違われたことが結構あります

お客様自身も住まわれてから、近所の方、友人の方に同じように間違われた

そんなお話を何度か聞かさせていただいたこともありますね

img_2562

ただ色味、質感、精巧さは作業する人の技術次第でかなり変わってくるように思えます

特に天気、気温、経過時間で表面にまく色粉の量などを変えたり

スタンプする強さを変えたりする必要があります

 

長年の経験と勘ってやつですね笑

 

たかがコンクリート されどコンクリート です。

 

 

 

 

 

 

先日より豊岡市内で別の新築の住宅でアプローチの作成を始めております

先月に続き、台風や雨天が多くなかなか仕事が捗らない日が続きます

 

秋晴れはまだ先でしょうか


カテゴリー:お庭

レンガの門柱のあるアプローチ作成中

投稿日:2016-09-23

豊岡市内で新築の住宅のアプローチ作成中です

 

タイトルの通り

今回はレンガ積みの門柱です

 

最近は雨が多くなかなか仕事が捗りませんでしたが

とりあえずレンガ積みは完了です

 

img_2519

img_2522

 

最近は洋風なアプローチを作ることが多く

レンガはよく使います

 

庭舎坪以では

数種類のレンガを取り扱っております

 

新品のレンガにも

カチッと採寸されたレンガ

無骨なカタチになるようわざと雑につくってあるレンガ

 

中古のレンガなんてのもあります

オーストラリア等の海外で廃炉になったり、交換が必要になって

廃棄になるような耐火レンガを集めてアンティークレンガとして輸出されたレンガなどを仕入れたりしています

 

レンガひとつ

イロやカタチ、情緒など

その家にあったレンガを使用して

その家にあった積み方、並べ方で

その家にあった雰囲気のアプローチをつくります

 

先ほど言いましたアンティークレンガ

元は同じレンガですが

経年により角がすこし欠けていたり、すこし曲がっていたり

炉の温度の高い場所、低い場所

どこで使われていたかで

色が黄色っぽくなったり、茶色っぽくなったり

すこしくすんでいたり、すこし模様がついていたり

 

パレット単位でトラック一台分とかで仕入れるのですが

同じ物を注文しても炉が違ったり成分が違ったりで

買うタイミングが違えば

なんかこの前買ったやつと雰囲気がちがう…なんてことがあります笑

 

でもいざ並べてみると

おっ、いいかんじ!なんてことももちろんあります

 

この現場は残りアプローチと植栽、門柱の装飾です

完成したらまたブログで掲載させていただく予定です

 

 


カテゴリー:お庭

《工法》コンクリートの洗い出し

投稿日:2016-09-19

今回は先日豊岡の新築の住宅の現場でおこなった

土間のコンクリートの洗い出しについてお話しします

 

まずは写真から

img_2489

写真手前側のコンクリートの部分

このコンクリートが洗い出しという工法で今回施工したものです

 

どこがふつうのコンクリートと違うかと言いますと

img_2476

基本的に生コンを流し込んで均したこの写真の状況からコテと言われる左官道具で

季節や気温によりますが数時間から半日ほど何回も表面をなぜてつるつるにしたカナゴテ仕上げが割と一般的です

あとは箒やハケで波立たせる仕上げの方法だとかいくらか方法はあります

 

今回おこなった洗い出しは表面のセメントが固まる前に

そのセメントを水で洗い流してコンクリートの材料である砂利や砕石を浮かび上がらせる方法です

1枚目の写真の洗い出し部をアップで撮影したものがこちらです

 

img_2496

img_2497

固まったあと表面が真っ白になるカナゴテ仕上げやハケ引きに比べ

石が出てくることでナチュラルな雰囲気に見え、

洗い出し表面のセメント分を取り除くことで全体の色が暗めのグレーまで色が落ち、

家全体を柔らかなイメージにまとめます

 

家主の思いやその家のデザインに合わせてお庭や今回のような土間を提案させてもらうことが基本ですが

この洗い出しは和洋関わらずどちらの雰囲気にも合いますのでオススメです

 

みなさん生コンプラントはご存知でしょうか?

ミキサー車やものすごくでかいタンクが並んでいて生コンを出荷する施設のことですが

その生コンプラントごとに砂・砕石など骨材と呼ばれる生コンの構成材料の入手先は変わってきます

川、海、山といろんなところのものがあり、基本的にその違いでコンクリートの強度が変わることはないのですが

 

出来上がった時の色が少し違うことがあります

建物であれば色が違ったところでタイルを貼ったり塗装したりと隠すことが多く問題ないのですが

洗い出しだと構成材料である中の石を見せるのでその砂、石の色がかなり関係してきます

そこで庭舎坪以は但馬地方に複数社ある生コンプラントから一番良い色が出るものを選び

洗い出しの時はそのプラントからのみ生コンは手配しております

 

 

洗い出すタイミングが少し難しく

早いとコンクリートが抉れてしまったり

セメントだけでなく骨材まで流してしまうことがあったり

遅いと表面も固まって石が出てこないなんてこともありますので

やったことない方がやってみようでできるものでもありません

 

そしてただ洗い出しをするのでなく

庭舎坪以では生コン打設後にひと手間

洗い出しを行う前にひと手間

終わったあとにもひと手間加えることで

同業他社さんよりナチュラルに、より綺麗につくることを目指しています

そのひと手間がなにかはひみつですけど

 

最後に洗い出しのメリット、デメリットですが

 

洗い出しのメリットは

自然な雰囲気に仕上がる

洗い出した石がスパイクのかわりになり、積雪、雨天時に滑り止めになる

(車の駐車スペースの下にも使えます)

経年で綺麗になっていく

(表面の取りきれなかったセメント分が雨によってすこしずつ中和され落ちていき、より自然な色になっていきます)

 

洗い出しのデメリットは

洗い出した石がとれる箇所がある

(経年により間違いなく何箇所かとれますが、広い土間全体で2センチくらいの石がとれるのでどこがとれたかは相当探さないとわかりません)

カーポートの土間には適さない

(屋根があると経年変化しづらく、すこし汚く見えることがおおいです)

 

すぐに思いついたのはざっとこのくらいでしょうか

 

根本的に玄関前に土間やアプローチをつくる、つくらない

それだけで家の外観だけでなく

土を家まで引っ張らなくする効果もあるので玄関の汚れ方もかなり変わってきます

 

 

新築で一軒家を買ったけど、(買う予定だけど)

住宅メーカーさんに家の周りに砕石をまいてもらったままですこしさみしい(かも)

雑草が生えてきたけどとっているヒマがない(かも)、めんどくさい(かも)

車の駐車スペースから玄関までの間が土の上を歩かないといけなくて玄関汚れちゃう(かも)

なんてことに悩んでる方にオススメです

洗い出し以外にもたくさんの方法はあり

家の前、アプローチもすこし手を加えるだけで案外一気に見栄えが良くなります

 

見た目だけでなく、動線、機能性の確保も一緒に考える必要もありますが

このはなしはまたいつか

 

▼当社では他にスタンプコンクリートの施工もおこなっています

下記のリンクよりスタンプコンクリートのページに移動できますのでご覧ください

http://niwayatsuboi.com/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/%e3%80%8a%e5%b7%a5%e6%b3%95%e3%80%8b%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88/

 

 


カテゴリー:お庭, お知らせ
1 2 3 4 5 6 7 8