つぼちゃんブログ
  • 《工法》スタンプコンクリート

    投稿日:2017-04-17

    自分の家のアプローチ

     

    コンクリートを普通に打つだけだと味気ない

     

    でも本格的に石張ったり積んだりレンガ並べたりするとなるとかなりお金が掛かる

     

    家建てて砂利敷いてもらったままで雑草生えてきた

    抜いても抜いても生えて伸びて大変

     

     

    前回はコンクリートの洗い出しについて書きましたが

    ▼下のリンク先がコンクリートの洗い出しについて

    http://niwayatsuboi.com/niwa/%e3%80%8a%e5%b7%a5%e6%b3%95%e3%80%8b%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%b4%97%e3%81%84%e5%87%ba%e3%81%97/

     

     

    今回はスタンプコンクリートについて

     

    スタンプコンクリートって簡単に説明すると

    コンクリートに柄をスタンプするってことです

     

    手順としては

    ①生コン打設する

    ②ちょっとしてから色のついた粉をまく

    ③色のついた粉を満遍なくひろげて生コンの表面と一体化させる

    ④もうちょっとしてから色のついた液体をまく

    ⑤コンクリートが中途半端に硬くなってきた頃にスタンプする柄のついたゴム版をコンクリートの上にのせる

    ⑥ゴム版を叩いて柄をつけていく

    次の日以降

    ⑦つきすぎた色を洗ったり擦ったりして落とす

    ⑧よりリアルに見せるために追加でちょっと着色してみたりする

    ⑨シーラー(ニスみたいな感じ)を塗る

    一週間後くらい

    ⑩また別のシーラーを塗って完成

     

    もともとコンクリートなので

    石とかレンガとかよりかは手間もかからず

    材料の価格も比較的安価です

     

    そして柄も数種類あります

     

    ▼枕木 マジマジと見ても本物の枕木と間違える人もいます

    そして本物と違い腐食やシロアリ等の虫被害による劣化がありません

     

    ▼岩肌柄 曲がる型を持っていますのでいろんな形にコンクリートが打つことができます

    岩肌柄ですが月面みたいな雰囲気です

    下の写真のようにレンガや石との組み合わせもできます

     

     

    ▼フレミッシュスレート 西洋の石敷風です

    テーマパークや屋外ショッピングモールなどの大面積の歩道、広場で使われることが多いですが

    アクセントとして少しだけ使うようなこともできます

     

    ▼フィッシュスケール なんといいますか中世のヨーロッパの都市の道風

    魚のウロコみたいなかんじ 結構いい雰囲気でます

     

    あと当社ではビシャンという細かい凸凹の加工がついた石の柄も持っていますが

    これは写真がないです

     

    普通のコンクリートよりはちょっと高くなりますが

    それでもコストパフォーマンスはかなり優れていると思います

     

    みなさまも是非検討してみてはいかかでしょうか


    カテゴリー:お庭, お知らせ